ライツ-Rights-

ライツ-Rights-戦略・経済

カードの数字は5~10までで、書かれた数字ぶんの枚数が存在する。手札は3枚。基本は山札から引いて手元に出す。か、左隣に流す。右隣からカードが流れてきたら受け取る、か、コインを乗せて左隣に流す。それの繰り返しで、誰かが一定の数のカードを手前に置いた時点でゲーム終了。手札も加えて、5~10までの枚数の答え合わせをする。

[wp-svg-icons icon=”attachment” wrap=”span”]プレイ人数:3人~5人(推奨3人~5人)この間なら、どの人数でも面白いです。

[wp-svg-icons icon=”attachment” wrap=”span”]プレイ時間:20分 もう、遊びすぎて5分で終わってしまいます。

[wp-svg-icons icon=”attachment” wrap=”span”] 対象年齢:9歳から 9歳から遊べると思う。

[su_box title=”一言でいうとこんなゲーム!!” box_color=”#ecffb7″ title_color=”#000000″ radius=”2″] 手札を見て、集める数字はとことん集める。いらない数字は、とことん捨てていくゲーム[/su_box]

[su_heading size=”25″ align=”left” margin=”10″]よっし~のレビュー[/su_heading]

感想

シンプルながらも奥が深い。終了枚数は、人数によってルールでは決められているものの、多めに設定した方が逆転の可能性が高まる(ように思える)ので盛り上がれます。

いいところ

ゲームのシステムが素晴しい。中毒性があり、夜遅くどころか朝までやってしまう。
テンポが速く、差がつきやすく、ギャンブル性が高い。
3人なら3人の、4人なら4人の、5人なら5人の楽しみ方がある。
運の要素も大きく、初心者でも勝てる可能性が充分ある。
オインク(ゲーム制作会社)が作り出した最高傑作。

ちょっと気になるところ

ライツ(権利)という意味もデザインも理解不能。もっと、なんかなかったのか。地味過ぎ。
付属のコインが使いづらい。使用をあきらめて、チップを使用している。
カードが小さすぎて混ぜづらい。スタータップスのカードを使用している。
この小ささで、この値段は高すぎる。もっと安くしてほしい。

実際のプレイレビュー

只今、準備中です。

[template id=”1144″]

コメント

タイトルとURLをコピーしました