スポンサーリンク

アニマルマインド

アニマルマインド戦略・経済

商品カードが4種類あり、数字が0、1、2。手元には選択カードが3枚。「受け取り」「拒否」が裏表になっていて、取引するカードが渡されれば選択カードを表裏反対にしなければいけない。受け取った商品カードは3種類しか手元に置けないのと、同じ種類でも重ねていけば一番上が決算したときの点数計算の基準となる。
アニマルマインド

メーカーおもうつぼおもうところ
人数2-4人3人3人だと、めくらなければいけなくなるジレンマが生まれて楽しい。
時間30分20分慣れると20分くらい
年齢8歳以上10歳10歳くらいからじゃないかな。なんとなく。

[su_box title=”一言でいうとこんなゲーム!!” box_color=”#ecffb7″ title_color=”#000000″ radius=”2″]取引するカードの種別か数字を伝えて、それを受け取るか拒否するかのジレンマゲーム。[/su_box]
[su_heading size=”25″ align=”left” margin=”10″]よっし~のレビュー[/su_heading]
感想
決算カードが山札に3枚もあるので、どのタイミングで決算されるかというランダム感がゲームの肝。3種類しか手元に置けないジレンマが醍醐味。

いいところ

・ゲームシステムがシンプルでわかりやすい。

ちょっと気になるところ

・イラストがファンシーすぎて、男には敬遠される。もう少し、デザインの方向性を…

実際のプレイレビュー

只今、準備中です。

[template id=”1144″]

コメント

タイトルとURLをコピーしました