スポンサーリンク

ローゼンケーニッヒ:The Rose King

ローゼンケーニッヒ:The Rose King戦略・経済

15世紀にあった英国の薔薇戦争を舞台にした陣取りゲーム。プレーヤーは数字と方向が示された手札を使って自分の王冠駒を動かし、一度置いた場所には自分の駒を置いていく。交互にこれを繰り返し、最終的には連珠のように繋がった部分を点数化して勝ち負けを決める。

ローゼンケーニッヒ:The Rose King

メーカーおもうつぼおもうところ
人数2人2人
時間30-40分慣れれば、そんなに時間かからないです。
年齢10歳以上10歳以上できると思います。

[su_box title=”一言でいうとこんなゲーム!!” box_color=”#ecffb7″ title_color=”#000000″ radius=”2″]オシャレなオセロ。ほどよい戦略性[/su_box]
[su_heading size=”25″ align=”left” margin=”10″]よっし~のレビュー[/su_heading]
感想

多少の戦略性と運要素があるので、オセロのように手軽にできる。騎士カードの使いどころが勝敗のカギを握るのではないか。

いいところ

・デザインがカッコイイです。薔薇戦争が舞台ってのがシャレている。

ちょっと気になるところ

・点数計算が難しかった。こんなに複雑でなくてもよいのでは…

実際のプレイレビュー

只今、準備中です。

[template id=”1144″]

コメント

タイトルとURLをコピーしました