スポンサーリンク

ベガス:Las Vegas

ベガス:Las Vegas戦略・経済

サイコロを振って、カジノでお金を獲得するゲーム。1~6までの各カジノに賞金をつけて、8個のダイスを全部振って出た目の数を全部使って、数字に合ったカジノにダイスを置きます。各プレーヤーは同じプロセスをダイスが手元に無くなるまで繰り返して、最後に置かれたダイスの数に応じて賞金が分配される。

ベガス:Las Vegas

メーカーおもうつぼおもうところ
人数2-5人3-5人人数が多い方が面白い。バッティング要素も盛り上がる
時間30分30分人数次第ですが、このくらいです
年齢8歳以上戦略性も薄いので、小学生から大丈夫だと思います。

[su_box title=”一言でいうとこんなゲーム!!” box_color=”#ecffb7″ title_color=”#000000″ radius=”2″]そこ行く?俺と戦う?とりあえず、少ないダイスを置いて様子見た方がよくない?[/su_box]
[su_heading size=”25″ align=”left” margin=”10″]よっし~のレビュー[/su_heading]
感想

最初に数字がバラバラだった時には、少ないダイスで他のプレーヤーの動きをみるのを「唾をつける」と我々は名付ける(笑)。ラウンド終盤にダイスを多く持っているプレーヤーが有利なので、これは結構大事な動き。ヴァリエーションルールの「中立ダイス」を使うのは非常に面白い。おススメです。

いいところ

・シンプルなゲーム性に単純な駆け引き。ギャンブル性は無い。
・みんなで協議してできるので、裏切りや抜け駆けが無く平和なゲーム。
・8個ものダイスをジャラジャラ振る爽快感。

ちょっと気になるところ

・特にないです。傑作だと思います。

実際のプレイレビュー

只今、準備中です。

[template id=”1144″]

コメント

タイトルとURLをコピーしました