ガールズ

  • グースカパースカ

    グースカパースカ

    チョキだけ6枚あるのがポイント。グーとパーの使うタイミングで総合的に賞金を多くもらう駆け引きが醍醐味。シンプルながら、よくできてると思う。

  • シェフィ (Shephy)

    シェフィ:Shephy

    イベントカードを駆使して、羊を千まで増やす。マイナス効果の処理の仕方がカギのボードゲーム「シェフィ:Shephy」の紹介です。

  • GoSTOP

    Go STOP:ゴーストップ

    悪意が無いバッティングゲーム。運要素もあるので、ゲーム慣れしていない人への入門用としてプレイしてます。口が達者な人が一人でもいると盛り上がること間違いない。小さな傑作です。

  • Deluxe Pit:デラックスピット

    Deluxe Pit:デラックスピット

    喉が痛くなる、大声の競りゲーム。体力ある若者たちとはやりたくない・・・そんなボードゲーム「Deluxe Pit:デラックスピット」のレビューです。

  • シェフィ:Shephy

    シェフィ:Shephy

    プラス効果もマイナス効果もあるイベントカードが、最大で5枚まで場に出して使用する。山札が無くなれば1ラウンド終了となり、カードを切って2ラウンド目に。3ラウンドまでに羊が1000匹にならなければ、負けとなるボードゲーム「シェフィ:Shephy」のレビューです。

  • R-Rivals (アール ライバルズ)

    R-Rivals (アール ライバルズ)

    各自8枚ずつのカードの中から、相手よりも強いカードを出して先に4勝した方が勝ち。もしくは最弱の姫カードが、最強の王子カードに勝てばその場で勝利。オプションルールも説明書にたくさん書かれていますが、普通にやるのが一番楽しいボードゲーム「R-Rivals」のレビューです。

  • エセ芸術家ニューヨークへ行く

    エセ芸術家ニューヨークへ行く

    出題するときにテーマを宣言するので、それがエセにとってはヒントになるから不利ではない。お絵かきゲームだが、必ずしも絵が上手くある必要は無い。むしろ、絵が下手な方が有利かも?「エセ芸術家ニューヨークへ行く」のレビューです。

  • アクエリアス: Aquarius

    アクエリアス:Aquarius

    同じイラストをつなげていく、絵合わせゲーム。アクションカードに気をつけろ!
    「アクエリアス:Aquarius」のレビューです。

  • ラビリンス:Labyrinth

    ラビリンス:Labyrinth

    「動く迷路で宝探し」というキャッチフレーズそのもの。人の邪魔する余裕なしのボードゲームのレビューです。