スポンサーリンク

ごきぶりポーカー:Cockroach Poker

ごきぶりポーカー:Drei Magier騙し合い

8種類の動物・昆虫が8枚ずつ、計64枚のカードをプレーヤーに配りきって、ゲーム開始。手札を伏せた状態で他の人に押し付け、何が描かれているかを宣言する。押し付けられた人は、それが本当か嘘かを宣言する。カードを公開して、当たっていたら押し付け人に戻って手元に並べ、間違っていたら自分が受け取って手元に並べる。この動作を繰り返し続けていって、誰かが同じ種類のカードを4枚目を手元に並べた場合か、手札が一枚も残っていないプレーヤーが出た場合に、そのプレーヤーが負けとなってゲームは終了。

ごきぶりポーカー:Drei Magier

[wp-svg-icons icon=”attachment” wrap=”span”]プレイ人数:2~6人(推奨3~6人)2人ルールもあるのだが…2人でやって、面白いかな?

[wp-svg-icons icon=”attachment” wrap=”span”]プレイ時間:20~30分 そのくらいでした。

[wp-svg-icons icon=”attachment” wrap=”span”] 対象年齢:8歳から 単純に当てっこゲームにするなら6歳からでもいける。

[su_box title=”一言でいうとこんなゲーム!!” box_color=”#ecffb7″ title_color=”#000000″ radius=”2″]相手と自分の手元カードを見て、跳ね返ってくる事態も想定して、カードを突きつけろ![/su_box]

[su_heading size=”25″ align=”left” margin=”10″]よっし~のレビュー[/su_heading]

感想

大ヒットした商品で、カードゲームの王者。入手しやすいです。 バリエーションルールとして、「一人のプレーヤーが8種類すべてのカードを自分の前に置いた場合」というのは面白いです。これは普通のルールとして問題ないのではないか。

いいところ

・わかりやすいルールで、誰でも盛り上がれる
・女性ウケします
・ほどよい頭脳戦の要素が、中毒性を高める。

ちょっと気になるところ

・デザインが良すぎて、昆虫も色も見分けにくい。もっとハッキリさせてほしい
・誰でもランダムに選べて攻めるので、イジメたりしないように
・ポーカーではないのだが、ポーカーはできないと敬遠された。ネーミングはどうだろうか。

実際のプレイレビュー

只今、準備中です。

[template id=”1144″]

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました