エセ芸術家ニューヨークへ行く

3.5
Sponsored Link
エセ芸術家ニューヨークへ行く騙し合い
この記事は約1分で読めます。

画力のセンスが問われる!!

参加者全員がペンを持つ。出題者が出したお題に沿って、一筆ずつ紙に線を描く。お題を知らないプレーヤーが一人混じっていて(エセ芸術家)、適当に一筆描いている。全員が2回ずつ描いた後、だれがエセかを投票する。当てられたらエセの負けなのだが、エセが何を描いているかを当てられたら逆転勝利。

エセ芸術家ニューヨークへ行く
メーカーおもうつぼ視点おもうところ
プレイ人数5-10人5-8人10人は多すぎ。
みんなのヒントが小さすぎる
プレイ時間20分人数とプレーヤーの性格にもよるが、このくらい
プレイ年齢8歳以上子供達だけでは難しいかも。
大人が子供と一緒にできるなら。 

出題するときにテーマを宣言するので、それがエセにとってはヒントになるから不利ではない。お絵かきゲームだが、必ずしも絵が上手くある必要は無い。むしろ、絵が下手な方が有利かも?

いいところ

・出来上がった絵を見て、ゲーム終了後も笑えるゲーム性。
・人数分、それぞれが違う色のマーカーなのが、サイケな感じで良いです。

ちょっときになるところ

大逆転要素をもう少し欲しい。終盤には勝ち負けがわかってしまう。

実際のプレイレビュー

只今、準備中です。

コメント

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました