スポンサーリンク

藪の中:Yabunonaka

藪の中-Yabunonaka-推理・推測

登場人物は8人。2~8の数字が書かれたタイルと白いタイル。基本は、場に数字を伏せた(容疑者)タイルを3枚と横倒しにして伏せた(死体)タイルを一枚。伏せられた容疑者タイルの中で、一番大きい数字が犯人となる(ただし、5の数字があったら、逆に一番小さい数字が犯人となる)。自分の手順では、3枚のうち2枚を見て、どれが犯人かを推測してチップを置く。次の人は、置かれたチップ以外の2枚を見て、どれが犯人かを判断する。ラウンドは1巡で終わり、何度もやって一番間違いが少ない人の勝ち。

[wp-svg-icons icon=”attachment” wrap=”span”]プレイ人数:2-4人(推奨3-4人)2人では、面白くないでしょ!

[wp-svg-icons icon=”attachment” wrap=”span”]プレイ時間:20分 実際は、15分くらいかな

[wp-svg-icons icon=”attachment” wrap=”span”] 対象年齢:9歳から 9歳では無理では?12歳からぐらいでは…

[su_box title=”一言でいうとこんなゲーム!!” box_color=”#ecffb7″ title_color=”#000000″ radius=”2″]ブラフではないが、他のプレーヤーのヒントで解釈と判断が分かれる悩ましさ[/su_box]

[su_heading size=”25″ align=”left” margin=”10″]よっし~のレビュー[/su_heading]

感想

手番は、後が有利か?ゲームの回数を重ねていくと、最後までいかなくても、途中で先手のプレーヤーは、自分の間違いの結果に気づくことが多々ある。これはむごい。

いいところ

・優れたデザイン、ネーミングセンス、ゲーム性。
・最初はかなり悩むが、慣れてくるとサクサク進む。

ちょっと気になるところ

・慣れてくると、勝ち負けパターンが見えてくる。
・ゲーム理解力が違う人行うと、ヒントにならないから面白くない。

実際のプレイレビュー

只今、レビュー準備中です。

[template id=”1144″]

コメント

タイトルとURLをコピーしました