スポンサーリンク

バイバイレミングで遊んでみた

バイバイレミングで遊んでみた遊んでみた

すかんぴんに、サンプルとして送られてきた可愛らしいイラストのボードゲームで遊びました。その名前は、「バイバイ・レミング-ByeBye Lemming-」。

う~ん、どこかで見たことがあるなぁって思っていたら、クラウドファンディング「Campfire」でプロジェクトを立ち上げていたボードゲーム!!と検索して気づきました。

 バイバイレミングとは

バイバイレミングで遊んでみた

[su_quote cite=”Amazon商品ページより” url=”http://amzn.to/2icH00J”]この土地はレミングたちが生きていくには快適すぎました。 美味しいごはんをたくさん食べたのでレミングたちは少し増えすぎてしまったのです。 この土地にはもうごはんがありません。 レミングたちは住みにくくなったこの土地を離れ、新しい土地を探す旅に出ることにしました。 レミングたちの旅立ちはタイミングが大事です。 1匹のレミングが飛び出すと同じ特徴を持つ仲間が追いかけます。 最初に配られたレミングたちを全て旅立たせてあげたプレイヤーから順に勝者となります[/su_quote]

詳しいルールに関しては、YouTubeにて公式動画が上がっていたのでそちらを御覧ください。

ByeByeレミング プレイ風景解説動画

ざっくりいうと、手持ちの札に書かれている数字とテーブルに並べられたプレートに記載されている数字の倍数を順番もしくは、すでに提示されている数字の以上の倍数を出していき、手持ちの札がなくなったら勝利となります。

ルールがとても単純なところが素敵です。1回ですぐに覚えることができました。
ただ、倍数を計算するのがめんどくさいなぁって思っていたのですが、きちんと手持ちのカードがどの倍数に使えるかが書かれているのが後で判明。みんなすごいなぁって思っていたのですが、カードに書いているよと・・・。

バイバイレミングで遊んでみた

可愛いレミングのイラストのカード

今回は、2人と4人で遊びました。

バイバイレミングで遊んでみた

4人の場合のプレイ準備

バイバイレミングで遊んでみた

プレイ中。このときは、8の倍数。

その他ルールは、ぜひ、実物でお楽しみください。すかんぴんで遊ぶことができます。

さて、この商品細部が素敵です。特に気に入ったのはケースに収納する際のカードの仕切り

バイバイレミングで遊んでみた

カードの仕切りにもこだわりが

レミングさんのイラストがプリントされています。ここまで考えて作るとは・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました