髑髏と薔薇 (Skull & Roses)

5.0
Sponsored Link
髑髏と薔薇 (Skull & Roses)チキンレース
この記事は約2分で読めます。
よっし~
よっし~

チャレンジ、いくぜ!俺の目を見ろ。これは髑髏じゃないな。本当だな?!

各プレーヤーは、四角のタイル1枚と、丸いタイル4枚。1枚のタイルは表裏が髑髏と薔薇になっている。4枚のタイルの表はイラスト、裏の絵柄は3枚が薔薇で1枚が髑髏という構成になっている。四角のタイルの上に丸いタイルを伏せて置いていく。自分の手番には丸いタイルを重ねて置いていくか、チャレンジを言っていくことができる。チャレンジだと自分を含めて丸いカードをめくっていく枚数を宣言する。他のプレーヤーは、それ以上の数字を宣言するかパスをする。最上の数字を宣言したプレーヤーからタイルをめくっていく。宣言数のタイルをめくって、髑髏をめくらなければ勝ち抜け。

髑髏と薔薇 (Skull & Roses)
メーカーおもうつぼ視点おもうところ
プレイ人数3-6人5-6人多ければ、多いほど楽しい
プレイ時間20分20分人数次第ですが
プレイ年齢10歳以上13歳以上偶然で勝てるが、このゲーム性を完全に理解するには中学生くらいかな

自爆を覚悟で数字を上げていくのが醍醐味。勝ち抜けよりは負け抜けが圧倒的に多いと思います。最終的に勝ち抜けしたければ、他のプレーヤーの自爆を待って、人数が少なくなるのが賢い方法ではないだろうか。

いいところ

・このスリリングさは、他のゲームの比ではない。盛り上がらざるをえない。
・シンプルなゲーム性。されど、奥が深い。

ちょっときになるところ

なし。大傑作。

実際のプレイレビュー

只今、準備中です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました