小早川:Kobayakawa

4.0
Sponsored Link
小早川:Kobayakawa推理・推測
この記事は約2分で読めます。
よっし~
よっし~

プレーヤー同士でコインを賭け合い、その場で一番大きい数字の人が勝利するゲーム

使うカードは15枚だけ。参加者全員に1枚ずつ配る。場に一枚置いて、その数字は最終的には参加者全員が出したカードの中から一番数字の低い人に加算される。ただ、その間に参加者は山札から1枚だけ引いて、場の山札を変えることもできるし、手札を交換することもできる。最後に全員にゲームに参加するか降りるか決められるチャンスがある。

小早川:Kobayakawa
メーカーおもうつぼ視点おもうところ
プレイ人数3-6人4-6人3人は、ちょっとキツイのではないか
プレイ時間15分10分
プレイ年齢8歳以上15歳以上8歳では、このゲーム性は理解できないだろう。

最初、このゲームの面白さがわからなかったが、何回かやっていくうちにクセになっていった。最初が不利で、最後が有利。多少のハッタリも効かせることができる、単純ながらも中毒性が強い。

いいところ

・ルールは単純。単純すぎて、面白さが伝わるか?
・ちゃんとコインを使うのが良い。カードが少ないから予算が使えたか(笑)
・なぜ小早川なのか不明だが、大胆なネーミングセンスとデザインの良さは、さすが。

ちょっときになるところ

カードが15枚しかないので、混ぜるのも混ぜにくい。しかたないけど。

実際のプレイレビュー

只今、準備中です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました