スポンサーリンク

運>戦略のラビリンスで遊んだ

ラビリンス:Labyrinth遊んでみた

引いたカードに書かれたお宝をゲットするために、コマを導いていくラビリンスでプレイをしました。

ボードには、固定された通路とスライドする通路に分かれています。順番に、ボードからはみ出した通路を使い、自分の目的とするお宝に行き着けるように道をつなげて行きます。

ラビリンス

最初は、戦略的に進めるゲームだと思いましたが・・・・あまりそうではなかった・・。

なぜかというと、他のプレーヤーがどのように道をつなげるかがわからない・・。なので、自分が理想とする道をつなげようと考えていても、そううまくいかないのが現実。

どちらかと言うと運ゲームに近い。自分のターンのときだけ、どのようにお宝に近づけるように道をつくるかと、一瞬戦略的になります。

最初は、順調にお宝をゲットしてると思いきや、全然お宝まで道がつながらないという状況にハマってしまったりしまいます。

ラビリンス:Labyrinth

子どもでも大人でもルールがシンプルなので、楽しめます。

商品レビューに関しては、こちら

ラビリンス:Labyrinth
「動く迷路で宝探し」というキャッチフレーズそのもの。人の邪魔する余裕なしのボードゲームのレビューです。

深海バージョンもあります!!

[template id=”1144″]

コメント

タイトルとURLをコピーしました