タイプ

  • 宝石の煌き

    宝石の煌き

    おどろおどろしいデザインのワリには(?)、意外にすっきりでわかりやすいゲームシステム。予約できて戦略性もあることや、貴族ポイントなどボーナスの手の届き具合も巧妙。

  • タイムボム

    タイムボム

    カードを各ラウンドごとにシャッフルするので、運ゲー要素が強い。初めての人でも、一緒になって参加しやすい。あとは、どれだけアピールして自分が有利な流れにもっていけるかというのがすべてかも。

  • グースカパースカ

    グースカパースカ

    チョキだけ6枚あるのがポイント。グーとパーの使うタイミングで総合的に賞金を多くもらう駆け引きが醍醐味。シンプルながら、よくできてると思う。

  • RHUMEPARTY:ライムパーティ

    RHUMEPARTY:ライムパーティ

    ワードカードを9枚出して、テーマ・カードを1枚表にする。ラップしやすそうな曲を流して、そのテーマに沿ってワードを使ってラップする。…だけ。なんだが、やってみればわかるが、ラップて大変だなと思い知らされる。

  • ベガス:Las Vegas

    ベガス:Las Vegas

    そこ行く?俺と戦う?とりあえず、少ないダイスを置いて様子見た方がよくない? ボードゲーム「ベガス:Las Vegas」の紹介です。

  • ローゼンケーニッヒ:The Rose King

    ローゼンケーニッヒ:The Rose King

    多少の戦略性と運要素があるので、オセロのように手軽にできる。騎士カードの使いどころが勝敗のカギを握るのではないか。「ローゼンケーニッヒ:The Rose King」の紹介です。

  • ラッツィア:RAZZIA!

    ラッツィア:RAZZIA!

    これは面白いが、現在は入手困難。是非復刻して欲しいものです。交渉が決裂するとダイスで決めるというシステムも素晴らしい。
    ボードゲーム「ラッツィア:RAZZIA!」の紹介です。

  • インフェルノ:INFERNO

    インフェルノ:INFERNO

    UNOの発展版で、大差がつきやすいカードゲーム。赤カードの時には負けたくない! ボードゲーム「インフェルノ:INFERNO」の紹介です。

  • 通路:Tsuro The Game of the Path

    通路:Tsuro The Game of the Path

    ボードゲームよりも携帯のアプリで知られているらしく、知名度は結構ありました。他人のタイルでも自分が動いてしまうジレンマを楽しむゲーム。プレイ人数も多いし、ルールも単純明快。ボードゲーム「通路:Tsuro The Game of the Path」の紹介です。

  • おとひめクエスト

    おとひめクエスト

    ダイスの目が同じだったら、またポイントが復活するというルールがムゴい。乙姫がやや有利か?手下と宝物の配置のセンスがポイントか。赤と緑のダイスが嬉しい。「おとひめクエスト」の紹介です。

  • ルールの達人:MASTERofRULES

    ルールの達人:MASTERofRULES

    先行が圧倒的に不利。ゲーム経験に合わせて、ゲームの順番を決めていくのがおすすめのボード―ゲム「ルールの達人:MASTERofRULES」の紹介です。

  • マンハッタン:MANHATTAN

    マンハッタン:MANHATTAN

    デカいビルを狙っていくか、小さなビルで点数を稼ぐか、戦略性に個性が出る。手番が後ろの方が、かなり有利。初心者がいたら、最後のラウンドにラストになるように逆転のチャンスを与えましょう。ボードゲーム「マンハッタン:MANHATTAN」のレビューです。

  • ヤジルス

    ヤジルス

    場所をどのくらい使って遊ぶかという点で難易度が変わってくるというのが面白い。ボードゲーム「ヤジルス」のレビューです。